美容外科で出来ることを、徹底的に明らかにする

くま達

バストのお悩み解決

バストを大きくする

バストを大きくする。それは、女性にとっては永遠のテーマのひとつと言えるのではないでしょうか。別に、いわゆるダイナマイトなバストを持つことがテーマであるというわけではありません。ただ、ある程度のふくらみ、ふくよかで柔らかで丸みを帯びたイメージを与えることが出来るバストを持つことは、美しくありたいという女性にとってのテーマのひとつとなるわけです。小さな胸を抱えている人は、そこをコンプレックスに思いがちなのです。美容外科では、このコンプレックスを解決するための方法として、主に3つの方法を提示してくれます。すなわち、「脂肪注入豊胸」「シリコン豊胸」そして「ヒアルロン酸のプチ豊胸」です。
3つめのヒアルロン酸注入の方法は、文字通りヒアルロン酸と呼ばれる物質を注射によってバストに入れるもので、最も手っ取り早い方法のひとつであるとされています。ヒアルロン酸は皮膚のすぐ下の層にあって、人の体のみずみずしさやふくよかさを見せるためには欠かせないものです。注射するだけなのでその日のうちに終えることが出来るという早さが魅力の方法ですが、その代わり、注射が上手いドクターのいる美容外科クリニックに行く必要があります。ヒアルロン酸をどこに注射するのかによって、バストの形をデザインすることが出来る方法だからです。
ただし、ヒアルロン酸は数年たつと体に吸収されてしまうという性質を持っているので、永遠に続く大きなバストを得られるわけではないということは、最初に覚えておきましょう。

豊胸手術の方法

美容外科で行われる豊胸手術の中でも、脂肪注入豊胸とシリコン豊胸はヒアルロン酸注入より本格的なものです。
とはいえ、ヒアルロン酸をバストに注射して大きくしたのと同じように、脂肪やシリコンバッグと呼ばれる人工物を入れることによってバストを大きくするという手術ですから、やり方の基本自体は変わるものではありません。
もともとバストのなかには、乳腺などのお乳に関する器官のまわりにたっぷり脂肪が含まれています。脂肪注入豊胸は、たとえば体のどこかに余っている脂肪があるという人の場合にはうってつけの方法と言えます。自分の脂肪だから体が拒否反応を起こすようなこともありませんし、本来あるべきもので大きくすることが出来るので、その分、自然な仕上がりを得ることが出来ます。
あるいは、特に形にこだわりたい、スタンダードな方法で豊胸したいというのであれば、もうひとつのシリコン豊胸がオススメであると言えます。
シリコンバッグは無害な人工物であるがゆえに、どんな人にもマッチします。シリコンバッグの形も好きにデザインすることが出来るため、見た目の美しさをきわめたいという人にも、最適なものなのです。
自分のバストに合う方法でやってくれる美容外科クリニックを、選びましょう。