美容外科で出来ることを、徹底的に明らかにする

くま達

みんなのお悩み

加齢によるコンプレックス

容姿に関するコンプレックス、と簡単に言っても、それにはいろんな種類があります。私の悩みとあなたの悩みはきっと違うはず。
たとえば、私が中年にさしかかったおばさんで、あなたがうら若い乙女だとするなら、コンプレックスの種類は大きく変わるでしょう。同じ目もとの悩みでも、私は年を重ねるごとに深くなってゆくシワを消したいと願う。一方あなたは、何となく目もとを暗い印象にしてしまう一重まぶたを、さわやかな二重まぶたに変えたいと思っている……という具合いに。
たいていは、美容外科を訪れる人の胸のうちにある悩みというのは、その2つの種類に分けることが出来ると言えそうです。
お肌の悩みにしろ、毛に関する悩みにしろ、そうです。
加齢に関するものといえば、上に書いたみたいな「シワ」もあるでしょうし、「たるみ」もあるでしょう。「しみ」が気になってしかたがないという場合もあるはずです。最近は、女性の薄毛というものも問題になっています。
年を重ねることは、もちろん悪いことばかりではなく、世間を知り、いろんなことを経験できるという良いところもあります。とはいえ、やっぱり美容的なことを見れば、それによってコンプレックスを抱いてしまうという人は多いのです。美容外科は、そんな人たちのためにさまざまな施術を用意しています。

顔かたちのコンプレックス

物の形は、もちろん醜いよりは美しいもののほうが良いに決まっています。特に、人の体に関してはそうです。
人の顔かたちや体の見た目というのは、ヘンな方に発展した現代美術的な言説で語ることが出来ないものです。時代によって美しさの基準はちょっとずつ違うにしても、たとえばクレオパトラの鼻の高さについての伝説が物語るように、永遠のテーマです。
美容外科では、そんな顔かたち、体の見た目に関するコンプレックスを解消しようと思って訪れる人が多くいます。
上の段に挙げたお肌のお悩み、毛に関する悩みを例に取るなら、若いうちに良く出来るニキビとか、さかんに生えるムダ毛をどうにかしたいとか、そういったお悩みが寄せられるようです。
鼻の大きさ。バストの大きさ。溜まりに溜まった脂肪によって太くなった二の腕、太もも、もちろんお腹。そういったところにかかえてしまうコンプレックスを、美容外科では解決してくれるのです。