美容外科で出来ることを、徹底的に明らかにする

くま達

目の美容術

目の美しさ

「目は口ほどにものを言う」とか「目を見れば分かることがある」とか「君の瞳に乾杯」とか、やたらと「目」について人は何か名言めいたものを言いたがるものです。そして、実に、それらの名言は正しいことを言い当てているかのようなのです。実際、人と人とが向き合い、深い感情を相手に持つとき、「見つめ合う」という言葉があるように、重要な部位となるのは目です。眼球自体の美しさや輝きはもちろんのこと、そのまわりにあるまぶたとか目尻の部分とか目の下とか、そういう部位の美しさも大切であるということは、言うまでもありません。
美容外科では、それらの部位に関して人々が抱きがちなコンプレックスを、ピンポイントで解決することが出来る技術を持っています。

二重まぶたをつくるための手術としては「埋没法」や「切開法」といった方法があります。このうち「プチ整形」的な方法として人気なのは前者の埋没法です。最近では、1日で手術を終えてそのまますぐに家に帰ることが出来るというスピーディに行うことが出来る手術も多く、人気を呼んでいます。一方、切開法は文字通りメスを使ってまぶたを切り、中の脂肪を抜き出してスリムにして、二重にかさなるように縫い合わせるという方法です。こちらは若干手間が掛るものではありますが、キリリと美しい二重にしたいという人に、よく選ばれている方法です。どんな二重にしたいのか、美容外科のドクターと話し合って決めましょう。

キリッとした目もと

目のまわりの美しさについてよく語られるのは、たとえばシワが寄ったりたるんだりしやすいのがこの部位だからです。目のまわりを実際に触ってみるとわかりますが、このへんは体の皮膚の中でも特に柔らかくできていて、加齢による影響をもろに受けることになります。美容外科でシワ治療やたるみ治療がよく行われているのは、そのためなのです。
たとえば、まぶたを切開して脂肪を取り出し、二重まぶたをつくるという手術があったのと同じように、切開して脂肪を取り出すことでたるみを解消し、キリッとした目もとをつくることが出来るという美容外科の施術があります。目の下のたるみは、たまった脂肪を、ただでさえ薄く柔らかくできている皮膚が支えることができなくなって垂れ下がってしまうものですが、それにつられて目もと全体の皮膚が引っ張られてシワが寄ったり、あるいは陰が出来てクマのようになったりするという場合があります。脂肪をとって皮膚を縫ってハリが出るようにするという美容外科の手術は、目もと全体にも良い影響をもたらすものなのです。